自分で作ることができるたんぽぽ茶

“たんぽぽ茶という言葉を知っている方はもしかしたら、妊娠をしていたり、授乳をしていたりする方かもしれませんね。カフェインがなく、コーヒーの味がするということで、コーヒーを飲みたいけれど我慢をしている人にお勧めされるのが、たんぽぽ茶です。

たんぽぽは、日本人にとっては、子供が初めて覚える花の名前といってもいいほど馴染みのある花でよく見るものですね。

この花のどこがお茶になるか知っていますか?お花、茎ではなく、なんと根っこを使用しているのです。初めて聞いたときは、驚きと共に、なんとなくまずそう、苦そう、そういうイメージをもってしまいました。

そして、このたんぽぽ茶は、自分で作ることができるのです。たんぽぽを探しましょう。できるだけ、犬の散歩道じゃないほうがいいかもしれないですね。やはり犬のおしっこがついているものはちょっと嫌ですね。

そして、たんぽぽを根からきれいに引き抜く。きれいに洗って、天日干しをする。だいたい一週間くらいでカラカラになります。それを小さく切って、フライパンで炒める。

このフライパンで炒めるという作業がコーヒーと同じ、焙煎するということで、コーヒーっぽい風味が出るのかもしれません。炒めた根っこをコーヒーミルなどで挽いて、お湯を注げばたんぽぽ茶の出来上がりです。

作業自体は簡単ですよね。妊婦さん以外にも、胃腸に優しかったり、排尿を手助けするなどの効果もあるようですので、試してみたいけど、買うのはとためらっている方は、自分で作ってみるのもいいかもしれないですね。

市販のものなら、完成された味で栄養も効果も期待できます。手作りの方が良いかというと、それは一概には言えません。
おすすめの販売されているたんぽぽ茶として、「ティーライフのたんぽぽ茶」があります。
これは、色々なメディアで1位掲載されていたりと、かなり評判も高いようなので、一度試されるのも良いかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>